メイクアップアーティストとブライダル

メイクアップは美人の基本

和食

古希のお祝いを家族で一緒に祝う食事会

食事

古希と言えば、数え年で70歳のことをいい、そして、古希の由来は、中国唐代の詩人・社甫の曲江詩にあります。

この中の「人生七十古來稀」の一節だと言われているのですが、「人生七十古來稀」の意味は「人生70年も生きるということは稀なこと」という意味合いからきています。

昔は人生50年と考えられていた時代の話なので頷けます。

そして、よく耳にする「数え年」とはどういう年齢算出法なるのかと考えてしまいますが、これは生まれた年を1歳と数え、以後、元旦に1才年を取ると考えるものです。

早くに年を数えるようで損をした気になりますが、数え方はこのようになり、満年齢でいうと69歳で古希を迎える計算になります。

また、70歳まで生きることは稀(まれ)という内容を記しましたが、現代では「古希」と漢字で書くことが多いようです。

還暦に続き、古希を迎えるとお祝いをするのが日本流です。

還暦の際は赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをしますが、古希とは紫色で表現され、紫色の贈り物にこだわりお祝いをするという風習があります。

古希を家族と共に食事をして祝う

和食

また、現代の古希のお祝いは、家族や親戚、友人などが集まり、食事会などをしてその日をみんなで楽しむような祝い方が主流になっています。

満年齢が70歳になるのを待つなどの決まりもなく、古希となる年の誕生日などのイベントに併せてお祝いすることが多いようです。

食事会は、やはり、主役となる古希の人に併せますので、おのずと和食で落ち着いた時間を過ごすケースが多いようです。

年齢的にも、洋食よりは和食を好むジェネレーションなので、ちょっと贅沢な日本料理で楽しむのもいいでしょう。

家庭によっては、外食が苦手であったり、体が不自由であったり、好みの問題からも自宅でお祝いをするケースも少なくありません。

自宅で古希のお祝いをする場合、時間制限がないことが最大のメリットです。

また、外食のように周囲に気を遣うことも少ないので、家庭内でお祝いをするほうが合っているご家庭もあります。

また、現代病と言われているアレルギーは、年齢に関係なく現れることも多いため、現に食物アレルギーを持っていることで外食ができない方もいらっしゃいます。

そのようなケースを考えると、家庭内で食事をする安心感があります。

古希の祝い方にも多くのバリエーションがあります。

固苦しい決まりがあるわけでもないため、ご家庭の事情にあわせ自由なイベントにして祝っていただければいいわけです。

演出の大切さ

やはり、祝い事なので、ある程度の豪華さの演出は大切でしょう。

ご家庭によっては、家庭内で食事会を企画し、有名レストランから食材や料理を頼んだり、シェフを家庭に呼び、調理をするケースもあります。

自由度の高いお祝いなので豪華に楽しく時間を過ごすことが大切です。

旅行+食事会という選択肢も

温泉

中には大掛かりに泊りがけの食事会をするケースもあります。

ホテルや旅館に泊まり、温泉に入ってから食事会をするという、ちょっと贅沢な楽しみ方もあります。

施設によっては古希のお祝い用に紫のちゃんちゃんこを無償でレンタルできるところもあります。

また、古希の贈り物には熨斗(のし)をおかけて渡すのでも構いません。

基本的には水引きは紅白の蝶結びで、表書きには「御祝」や「古希御祝」、「祝古希」が一般的です。

名前を書くところには、例えば、「子供一同」や「家族一同」などと書けば問題ありません。

中にはペットの名前まで書いているケースがありますが、そういった場合には「家族一同」でまとめてしまったほうが無難です。

選んではいけないプレゼントの例

杖

そして、古希祝いのNGプレゼントがあることを覚えておきましょう。

やはり、お年寄りの扱いを受けたと相手に思わせないような気遣いが大切です。

現代には70歳を超えても現役で仕事をしている方々が多くいるので、何歳になっても本人は若い気持ちでいるものです。

NGプレゼントとは、特定の物があるわけではありませんが、個人個人がもつ感覚の中で、お年寄りを思わせるようなプレゼントなどは避けた方がよいでしょう。

具体的には介護用品的な物を想像するとわかりやすいですね。

杖やシルバーカーなどは、本人が希望する分には問題ありません。

ですが、そのようなご指定がない時には、そのようなカテゴリーから離れた発想でプレゼント選びをしたほうがいいでしょう。

スムーズに進めるには配慮が大事

餅

また、逆に食事会などでは、気遣いが必要です。

例えば、喉につかえそうなイカなどの料理は、少し小さめにして出したほうがいいでしょう。

よくお正月になると、餅を喉に詰まらせて惨事になるケースがありますが、観点は同じです。

餅などの料理がある場合には小さく切って食べやすく詰まらせるリスクを最小限に抑えることが大切です。

また、魚料理では骨が喉に刺さるケースがあります。

これらは年齢に関係なく起こりうることなので、骨をとって料理を出すなど、細心の注意が必要です。

せっかくの楽しいひと時を送る会です。

料理一つをとっても未然に防げる事故はたくさんありますので、思いやりをもった対応が大切です。

 

おすすめ記事→古希祝いの食事会を実施する時の段取り

コメントは受け付けていません。