メイクアップアーティストとブライダル

メイクアップは美人の基本

プレゼントを渡す

喜寿祝いによろこばれる贈り物とは

プレゼント

喜寿祝いによろこばれるプレゼントはまずは本人が好きなモノを贈るという事が良いでしょう。

例えばお酒が大好きな人であればお酒を贈るというような感じです。

名入れをして特別感を出す

名入れ

その時に単にお酒を贈るという事をするだけではなく、名入れをするというような事をしてみても良いでしょう。

当人の似顔絵などをラベルとしてつけるという事をしても面白いかもしれません。

まず名入れですが、これは自分がこれまで生きてきたという事の証でもあります。

喜寿まで生きてこられた方はそれなりのプライドを自分の名前に感じておられる人がほとんどでしょう。

ですので、その名前が刻まれているという事には大きな感動を感じる事が出来る可能性もあります。

基本的に自分の名前を嫌いな人はほとんどいませんから、まずは名入れという事で大きく感動してもらう事が出来る可能性があります。

贈り物の意義

プレゼントを渡す

ですから、贈る物という事に拘るよりは贈る心に拘りを持つという事を考えた方がいいかもしれません。

ですから、贈る事に意義があるというわけでなく、心のこもったものを贈るという事に意義があるのです。

という事を考えれば、何を贈るのかということではなく、どのような事で自分たちの感謝の意を表現するのかという事が考えられるようになるはずです。

贈り物というのはその感謝の意を表現するための器であるという事を考えれば、当然の器よりも内容が大切になるという事は分かるはずです。

とはいえ折角贈るわけですから、貰って喜んでもらえるものが良いのは当然ということで、まずは当人の趣向に合ったものを選ぶのが一番妥当という事になるというわけです。

巷では良く喜寿であればこれ、米寿であればこれというような事がまことしやかに言われる事もありますが、そのような形式ばった物は現代ではそれほど考えなくても良いかも知れません。

昔の儀式や伝統に詳しい方で、そうした事に拘りがあるという方であれば、そのような事を考えても良いのです。

ただし、そのような事を知らない方の場合はそのような定型的な贈り物をしても、その意味が分かりませんから、当然そのようなことで喜びを感じたり、その意義を感じ取るというような事は無いという事です。

昔の定型的な贈り物には、それなりの意味が込められているので、そのような事を知っている人であれば、それを贈る意義は十分にあります。

そしてその意を贈る物が感じる事も出来るようになりますが、そのような事を知らない方の場合は全く意味が分からないので、よくわからないものを貰ったで終わってしまう事もあります。

ですから、当人の趣向や趣味、知識に合わせたものを考えるという事も必要かもしれません。

そのため、これでなければならないというような事は無いという事も言えるでしょう。

両手を広げる高齢の男性

要は当人が一番喜ぶものは何かという事を考えればそれが一番だということです。

お酒も飲まないし、趣味もなく真面目一筋の方というのであれば、その方の好きな本を贈るというような事をしてもいいわけです。

別にプレゼントに良い悪いというモノがあるわけではなく、その人の価値観で選んであげるという事をすれば良いという事になります。

そして、それに一工夫があるとより喜びは大きなものとなるというわけで、上記に挙げた名入れというのもその一つですし、似顔絵をつけるというのも一つです。

相手を笑顔にさせること間違いなしの「似顔絵」

シニア夫婦の似顔絵

ここで似顔絵にするというのはなかなか面白い趣向かもしれません。

というのは、写真のようなものにするとこれは生々しい現実感があるので、喜ぶ人は喜ばない人が出てくる可能性があります。

ですが似顔絵という事になると、特徴部分が誇張されて面白い感じに出てくるので、これは面白いと感じる人がほとんどだといえます。

別に自分の写真を見ても何も感じる事が無い人も、似顔絵で自分の絵を見ると、これは面白いと感じる人が多いのは、この誇張された部分に共感をすることが多いからといえるでしょう。

つまり、この共感するというところで面白さを感じてしまうわけです。

様々な共感ポイントが似顔絵にはあるので、それでこれは面白いと感じる人も多いのでしょう。

今は写真一つあれば、それを似顔絵にしてくれるというようなサービスがネットでありますから、そのようなものを利用して、似顔絵を一緒にしてプレゼントをするという事も良いでしょう。

場合によってはかなり面白い似顔絵が出てくる事も考えられます。

写真は普段から見ているので、別に何も感じない人も似顔絵は描く人によって全く違うモノとなるので、まず初めて見るものとなるでしょう。

それは非常に楽しいものとなる事が多いといえます。

喜寿まで生きてこられたという方ですから、自分の人生をその似顔絵を見ながら考えるという事もあるかもしれません。

普段見ていない自分とは違った自分がそこに見えるので、感慨深いものとなる事も考えられるという事です。

喜寿まで生きてこられたということで、自分に誇りを持っておられる方がほとんどでしょうから、その誇りを感じさせ悪事が出来るようにすると良いかもしれません。

 

参考記事:男女別!喜寿祝いに向けて知っておきたい選び方とおすすめプレゼント10選

コメントは受け付けていません。