メイクアップアーティストとブライダル

メイクアップは美人の基本

還暦に対しての現代社会の人たちの向きあい方

月日が流れるのは早いもので、いつの間にか60歳になってしまったという人たちも多いのではないでしょうか。60歳になれば、還暦を迎えることになります。

それぞれの人たちが還暦に対してどのような思い方をしているのでしょうか。

還暦の注目度はなぜ高いのか

多くの人たちは、年齢の節目として、60歳を大変重視しています。還暦には果たしてどのような意味があるのでしょうか。

多くの人たちは、還暦について知っているものの、意味についてそれほど多くを知らないままスルーしてしまっているのではないでしょうか。

還暦の由来には、 干支が関係していると言われています。干支という言い方をすれば、十二支をイメージする人たちが多いですが、 みなさんが意識しているのは、干支のうち支の方だけのことです。

干支の干について注目をすれば、干とは、 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸から成る十干のことを言います。

十二支と十干、二つのことを私達は、干支という言い方をします。干支は、それぞれの年に対して、組み合わせの割り振りがあります。

十二支と十干の組み合わせ

十二支と十干12と10の最小公倍数は60です。12と10の最小公倍数である60によって一周するという考えに基づき、 還暦は暦が還るという書き方をします。意味としては、 60歳を迎える年に干支の暦が一周する意味合いです。

いつから還暦という言葉が使用されるようになったかといえば、 はっきりとたことはわかっていませんが、もともとは中国から発祥した文化であり、飛鳥時代、または奈良時代には、遣隋使や遣唐使を送りさまざまな文化交流が行われていました。その中には、既に還暦を祝う習慣もあったのではと言われています。

なぜ還暦は、赤色を着用するのか

みなさんの多くは、還暦で、赤いものを身につける習慣を不思議と思っているのではないでしょうか。なんで赤色である必要があるのでしょうか。

赤色は産着にも使われていたので、赤い色には生まれた時に帰るという意味合いがあります。

赤といえば、神社の鳥居などを見てもわかるように魔除けの色でもあります。

赤色には、新しい人生があり、新しい人生を、災いもなく過ごして欲しいという意味合いが
あるのではないでしょうか。

60歳が再スタートラインであり、今後も、情熱的に生きて欲しいという意味も、赤色には存在しているようです。実際に、赤色を見れば、興奮も増す色であり、高齢者社会に向かい、もっと興奮するような人生を送っていただきたいものです。

還暦の向きあい方

昔と比較して還暦の捉え方も変わって来たと言えるのではないでしょうか。なぜなら、還暦を再スタートラインとしたところで、昔の人たちの寿命がそれほど長いということではありませんでしたので、還暦で人生再スタートという意味合いよりも、いままでの人生、全うしたからここからは好きなようにしましょう、という意味合いのほうが強かったのかもしれません。

それは社会から排除される節目なのかもしれません。

しかし、現代社会では、60歳という年齢はまだまだ若いので、本当の意味で、人生の再スタートという意味として理解している人たちが大勢います。そのような人たちは、60歳をひとつの通過地点として、60歳の倍、120歳を生きるつもりで頑張っているのではないでしょうか。

還暦に、赤いものを身につけるという意味では、赤ちゃんに戻してあげて役割を終了させるという意味合いも持たせることができますが、現代社会では、もちろんそうではなく、赤ちゃんに戻り、もう一度2度目の人生にトライする意味を持ちます。

還暦祝いは失礼かも

一般的に還暦とは長寿に対してのお祝いという認識のされ方をします。 現代社会では、若いから、還暦によって、老人扱いされることに憤慨する人もいるのではないでしょうか。

昔の意味合いには、赤ちゃんに戻してあげるという意味があり、まだまだ現役で活躍出来るのに赤ちゃんに戻されては困るという意見も起きるでしょう。

そのようなことを考えると、安易に、還暦祝いをすることは失礼になるのでは……という気持ちも私達に起きてしまうかもしれないですよね。

赤い頭巾と赤いちゃんちゃんこというのが、還暦祝いの一般的スタイルですが、段々とそのような光景も少なくなって来ました。

時代時代で、やはり還暦の受け止め方にも変化は出てくるようです。「祝 還暦」というのは、相手に、もうあなたは相当な年齢なのだからということを、いちいち教えてあげる行為と思われる可能性もあります。

実際に、還暦という認識は、人間が誰も若くなる傾向があるから、薄れて行くことになるかもしれません。しかし、60歳という年齢は、そろそろ、人生を振り返って、どのような生き方をして来たのか反省もしていい時期ではないでしょうか。

そのような意味では、還暦という節目は、決して消滅することにはならず、特別なお祝いに値する年齢と言っていいでしょう。

誕生日に、私達は、お祝いする習慣をいつも持っているのですから、60歳の誕生日をちょっと、特別な意識を持って祝ってあげる程度がいいのではないでしょうか。

赤いものは着たくない

還暦にあまりにも赤いものが定着してしまったから、拒否反応を示している人もいるのではないでしょうか。還暦に赤いものを着れば、「オレもジジイになってしまったな……」ということを、少なからず意識してしまうことになります。

実際に、自分の年齢を受け止めなければならない年齢は年齢ですが、祝ってもらっているというのに、暗い気持ちになってしまうのもちょっと問題はありそうです。

現代社会では還暦において、赤ちゃんに戻り人生をリタイアするという発想は間違いでしょう。赤いものには、そのようなイメージが強いので、敢えて赤色に拘りを持たないという流れは段々と強くなって来ています。

赤いちゃんちゃこを当然送らなければならないという認識の仕方をしている人たちも多いですが、後々、赤いちゃんちゃこの使い道はそれほどありませんので、何か無駄なことをしているような気持ちにもなってしまうのではないでしょうか。

現代社会だからこそ、もっと有意義な、現実的贈り物について考えてみてはどうでしょうか。

還暦にどのようなものを送っているの

いま、現代社会において、還暦祝いは意識しているものの、赤いものにとらわれている人たちってそれほど多いということはありません。

お父さんが還暦の場合は、お酒というのもアイデアですし、時計や、財布だったり、万年筆、お祝いゴルフボールやゴルフ用品を贈るケースが多いようです。

お母さんの場合は、バッグや財布、アクセサリー、花束と言ったものがいいです。

還暦は時代によって変化するというものの、人生に還暦は一度しかないものであり、ここで立ち止まり人生について考えるのは充分に意味がありそうです。お金があれば、一緒に家族旅行などするのもいいかもしれません。お孫さんと一緒に食事へ出掛けて行くというのもいいのではないでしょうか。

予算的には、普通の誕生日プレゼントよりは多めを意識してください。だいたい、相場は、3万円あたりのようです。3万円あれば、かなり気の利いたプレゼントもすることができるのではないでしょうか。

 

還暦の参考記事→何が嬉しい?贈って喜ばれる還暦祝いのプレゼントは?

コメントは受け付けていません。