結婚式場の種類:披露宴・パーティー形式の特徴

結婚式場の種類:披露宴・パーティー形式の特徴

結婚式と言えば挙式・披露宴・二次会パーティーというのが一般的な流れではありますが、近年その形式が変わってきています。
その背景には費用の問題であったり、堅苦しいのが苦手という理由であったり様々ですが、一般的な結婚式を少し崩したものを披露パーティーと呼んだり、1.5次会と呼んだりします。
その形式に対応できる式場も増えているため、通常の結婚式より費用を抑えたパーティー形式の結婚式が増えてきています。そうなると結婚式場選びが非常に悩ましいところとなってきますが、まずは自分たちの予算をベースに考えていくことをおすすめします。そこから会場のキャパシティであったり、アクセスの利便性などの要素を考えていきます。そうしてベストな式場を決定していきます。
披露宴というと高砂に新郎新婦が張り付いていて、ゲストはなかなか声がかけづらかったり、雰囲気も堅苦しかったりというイメージですが、パーティー形式となると新郎新婦自らゲストの元へ挨拶に行ったするので、ラフな空気で披露宴を楽しむことができます。料理もコース料理ではなくビュッフェにする人が増えてきており、尚パーティー感が増すスタイルが流行です。
結婚式とはお披露目会であり、これからは夫婦共々よろしくお願いしますという挨拶をしてゲストをもてなす大切なものです。主役だから何もしないのではなく、主役だからこそ積極的にゲストと会話できるパーティー形式が人気を集めている理由の一つです。