メイクアップアーティストとブライダル

メイクアップは美人の基本

花束

貰ったら嬉しい!退職祝いのプレゼントとは

 

プレゼント

退職祝いのプレゼントを選ぶ際には、相手貰って嬉しいものと、予算を先に検討する必要があります。

喜んでもらえる贈りものとは、性別や退職の理由によって変わってきます。

また、お世話になった相手にもよりますが、あまり高額な品物は向いていないので、年齢を基準に予算を決めることが大切です。

おしゃれなグラス

 

男性ならお酒を好む人が少なくないので、おしゃれなグラスを用意すると喜んでもらえます。

ガラス製は案外手頃で実用性にも優れますから、お酒好きという相手の情報を得ていれば贈り物に最適です。

勿論、女性へのプレゼントにも向いていますし、年齢に関わらずに贈れるので選ぶ側にもメリットがあります。

ただし、相手の好むお酒によって選ぶグラスは変わってくるので、予めリサーチしてヒントを得ておくことが前提です。

タオル

 

タオル

実用品といえば日用品も、貰って嬉しい贈り物の定番だといえるでしょう。

タオルは何枚あっても困りませんし、価格的に手頃なので、相手に心理的な負担を掛けずに選ぶことができます。

しかも、価格別のギフトセットも選べるので、予算に合わせて選択しやすくなっています。

包みの重みで喜ばせるタイプではありませんが、相手の好みに合わないという心配がないので、無難な贈り物を用意したい場合にはこのタオルがベストです。

花束

 

花束

予算が限られていたり、相手の好みを良く知らない場合は、花束がリスクの小さい安全な選択になります。

花束はお祝いの基本ですし、新しい門出の定番となっていますから、予算に応じて花束を作り贈ることで喜んで貰えます。

実際のプレゼントは身近な花屋で用意できますし、選び方や組み合わせに迷った時は、店員さんに退職の贈り物と伝えれば花束を作ってくれます。

近年は、インターネット通販でも花束の取り扱いがあって、用途に合わせた完成品販売されているので便利です。

鮮度を保ったまま贈るという基本はありますが、それさえ守ることができれば、相手も嬉しいと感じられる贈り物になるでしょう。

女性の上司や寿退社をする同僚などに対して、喜んでもらえる可能性の高い選択肢だといえます。

ただ、花束は職場で予算を集めて準備したり、全員からの贈り物として用意される場合があります。

そういった時は、花束とは別のプレゼントを考えて準備することが必要になります。

カタログギフト

 

カタログギフト

相手のことを詳しく知らないのであれば、思い切ってカタログギフトを選択する手も悪くないです。

カタログギフトというと、贈り物選びを丸投げするイメージがありますが、相手に選択肢を与えられるので喜ばれるケースも多くあります。

実用品からグルメや旅行まで載っているカタログは万能型で、贈る側の候補として定番かつ人気です。

予算別に選べるのも人気の理由ですし、種類も少なくないので迷った場合に役立ちます。

相手の好みを把握しているのであれば、特化型のギフトカタログを贈り物にする方法もあります。

グルメタイプは食通の人に喜んでもらえますし、予算を大きめにカタログを選んで贈ることで、カタログ商品の選択肢の幅でも喜びが与えられます。

立場や関係性を無視した、無理な予算によるカタログギフト選びは間違いですが、常識の範囲内の金額で選んで贈るとそれが立派なプレゼントになります。

旅行好きには旅行券も悪くありませんが、相手の都合や好みが存在しますから、このような時はやはりカタログギフトが無難です。

旅行に特化していカタログなら、自由な旅の選択肢と出発のタイミングを任せることができます。

カタログギフトとは別に、案外普通の日用品のギフトセットでも喜んでもらえる可能性があります。

消費してしまえばなくなる物ですが、日用品は退職後も使い続ける消耗品なので、嬉しいと思ってもらえる確率は高めです。

予算

 

電卓

いずれにしても、退職祝いのプレゼントは予算が基準になりますから、予算を決めてから嬉しいと感じられる贈り物を検討することが肝心です。

上司に対しては年齢が予算の目安で、30代までなら5千円前後、40代以上なら1万円を上限として検討するのがポイントです。

相手に特別なお礼の気持を感じているなら、更に金額を上乗せして予算を増やすのもありです。

それでも、上限は最大で2倍までとした方が常識的な範囲内に収まるでしょう。

同僚には30代までだと3千円から5千円が相場で、40代以上には5千円以上となります。

どんなに特別な人にも、1万円を上限の目安として検討するのが原則です。

退職祝いの予算にも例外はあるでしょうが、高額過ぎると相手の負担になってしまうので、常識の範囲から大きく飛び越えないように注意することが重要です。

寿退社の女性に対しては、5千円前後で手頃な物を用意するのが定番となっています。

これから新しい生活を始めるわけですから、今まで以上に消耗する可能性がある日用品でも喜ばれます。

最終的には、相手に嬉しいと思ってもらえることが大切なので、大まかにでも好みを調べてから検討に入るのが、成功する贈り物選びの鍵を握ります。

 

参考になる記事:女性に「ありがとう!」と言われる素敵な退職祝いのプレゼント15選!【年代別】

コメントは受け付けていません。