メイクアップアーティストとブライダル

メイクアップは美人の基本

カメラ

傘寿のプレゼントにおすすめする贈り物とは

傘

80歳の節目を祝う傘寿には、還暦などと同じくちゃんちゃんこを贈るのが定番です。

しかし近年は定番にとらわれず、ちゃんちゃんこ以外の品物をプレゼントする人々が増えています。

古くからの慣習にとらわれず選びたいなら、まずは注意したいポイントを抑えておきましょう。

傘寿の基本カラーは紫

紫のブロック

プレゼントの選び方で注意しておきたいのは、です。

還暦や米寿などの長寿を祝う贈り物は、年齢ごとにお祝い色が決まっています。

傘寿の場合は紫色がお祝い色なので、これらの色が含まれている品物を選ぶのが良いでしょう。

帽子や扇子といった身の回りの品物のときはもちろん、お花を贈るときにも紫色にするのがベストです。

相手のライフスタイルを考えよう

贈り物を選ぶときには、相手のライフスタイルを考えることも重要になります。

同じ80歳でも頻繁に外出するアクティブな人なら、帽子やバッグなど外出時に使えるものがおすすめです。

体力に余裕があるなら、3世代で行く旅行を贈り物にするのも良いでしょう。

一方健康上の理由や足腰が弱まり自宅にいることが多いなら、外出時に役立つ品物は避けるべきです。

選ぶべき品物は、自宅でも役立つものにするべきでしょう。

具体的には見て楽しめる絵画やお花、体調に合わせて使える健康グッズなどです。

家に閉じこもりがちだと外出させたいという思いからプレゼントを選びがちですが、相手の体調や気持ちを最優先に考えるようにしてください。

趣味がありそれに熱中している方なら、その趣味で使用するグッズを贈るのも良いでしょう。

例えば絵を描くのが好きなら筆や絵の具を選んだり、ウォーキングやお散歩が趣味なら歩きやすい靴などです。

また何かに興味があり始めてみたいと話しているなら、それを始められるグッズを選ぶのもアリです。

新しい趣味を持てば生活の中で楽しみを見つけられ、心身にも良い影響を及ぼしてくれるでしょう。

相手の健康には気をつけよう

血糖値の数値と薬

贈り物を選ぶときにはこれらのポイントを抑えると良いですが、一つだけ注意点を挙げるなら相手の健康には気をつけるということです。

例えば病気の影響で食事制限をしている方には、お菓子やお酒を贈るときは注意しなければいけません。

糖尿病や肥満だと糖分をコントールする必要があるのでお菓子は食べられませんし、アルコールが禁止されている方にお酒は厳禁です。

お年寄りは禁止されている品物を受け取っても、相手を気遣い喜んで受け取ってくれることがよくあります。

本人が大丈夫と言っても贈ってくれた相手を気遣っての言葉かもしれないので、健康面に不安がある方にお菓子などの食品やお酒を贈るのは、避けるのが無難と言えるでしょう。

旅行

石垣島

色や選び方のポイントに注意点を踏まえて、傘寿のお祝いとして贈るプレゼントとしてまずはおすすめしたいのは旅行です。

健康面に不安がないアクティブな方なら、子どもや孫と行く3世代の旅行は喜ばれます。

長寿のお祝いを兼ねて家族全員の思い出になるので、おすすめの贈り物です。

近年は長寿祝いのお祝いとして旅行は一般的になっており、旅行会社では様々なプランが用意されています。

高齢者に配慮されたプランも用意されているので、体調さえ問題なければベストな選択肢の一つです。

旅行に行けるほどでアクティブでないなら、普段使いできる傘もおすすめできます。

傘寿は八と十が合わさり傘になっているので、傘は縁起もよく80歳の誕生日にはピッタリのアイテムです。

ちょっとお洒落な晴雨兼用の傘なら、雨の日も晴れの日もお出かけのときに使ってもらうことができます。

またあまり手を出しにくい高級傘もおすすめで、例えば和柄が特徴的な日本製の高級品です。

和柄ならお年寄りが持っていてもピッタリですし、高級品の傘はあまり手を出しにくいものです。

プレゼントには最適なので、その人に合わせたデザインの高級傘もよいでしょう。

茶器

茶器

自宅で過ごすことが多いなら、茶器も傘寿の贈り物にはおすすめです。

普段から緑茶を飲むことが多いなら、急須と湯飲みがセットになった茶器は実用性も高く喜ばれます。

名前やポエムを入れることができる茶器もあるので、長寿祝いの特別感を演出することも可能です。

何より食卓にあれば華やかになるので、生活を彩るアイテムにもなるのはお祝いとして最適なポイントです。

扇子・名前入りのポエム

他にも傘寿のプレゼントとして最適なのは、扇子や名前入りのポエムです。

扇子は末広がりで縁起がよく、お年寄りが持っていても違和感がありません。

また名前入りのポエムも特別感があり、部屋に飾っていつでも贈った相手のことを思い出すこともできます。

ちゃんちゃんこ・家族写真

カメラ

もちろん定番である紫色のちゃんちゃんこも、お年寄りからは喜ばれるでしょう。

ちゃんちゃんこは贈るだけではなく、それを着て家族全員で写真を撮るのもおすすめです。

写真館で紫色のちゃんちゃんこを着たお爺ちゃん、お婆ちゃんを中心に写真を撮影しておけば、家族全員が一人の思い出をいつまでも共有できます。

80歳のお祝いに何を贈るのか迷ったら、これらのおすすめアイテムを選ぶのがベストです。

 

併せて読みたい:傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

コメントは受け付けていません。